独学が苦手な人でも大丈夫です

通信講座という言葉から、地道な独学を連想されるかもしれません。本講座は、資格を得るためではなく、役立つスキルを腑に落し、かつ身に付けることを目指しています。ですから、添削回答に正解するか否かは重要ではなく(ですから、添削課題の提出も任意で構いません)講座受講中の学習プロセスを何より大切にしています。担当講師としっかり繋がり、疑問を疑問のままにせず、納得の行くまで質問して下さい。そして、その疑問がスキルに変わる瞬間の喜びを、担当講師と分かち合いましょう。学習意欲の原動力は喜びだからです。

また各課程とも、通信学習に加えて、Zoomによる座学(毎月1回50分間の個別授業)をご利用頂くことも可能(ホームセラピー課程とプロセラピスト課程ではオプション、レメディ製薬課程では標準カリキュラムとして設定)です。熟練したセラピストでもある講師と、特別な時間をお楽しみ頂けます。

→フラワーレメデ講座のお申込み

自由度の高さも本講座の特徴です

本講座は、受講生の学ぶ姿勢を応援する自由度の高さも大きな特徴です。

添削回答の提出回数が少なく、しかも任意であること、また修了レポートの提出については、求めてさえいません。添削回答の提出は、ホームセラピー課程に2回設定されていますが、他の2課程にはありません。一般的な通信講座では、添削回答や修了レポートの提出を義務付けていますが、そうした提出にばかり意識が向いてしまえば、学ぶプロセスを楽しむ余裕を失ってしまいかねないからです。

本講座では段階的な課程学習を求めていません。ホームセラピー課程において基本的なスキルを学んで頂いたあとは、自由に次課程をお選び頂けます。

受講生のモチベーションを高めるなどの目的でオプション設定の可能な、50分間のZoomによる個別授業を月に一回加えることも可能です。テキストには書けない、臨床現場の生の声に触れる絶好の機会となるでしょう。

受講期間は、各課程とも3カ月間に設定され、1ヶ月単位の期間の延長(1ヶ月4900円+税)は何回でも可能です。また、修了生(既に講座を終えたた受講生)による復習目的のための受講延長制度の利用も可能です。

Zoomによる月例公開ウェビナー(第3日曜日20時20分開講/自由参加/無料)では、フラワーレメディのスキル向上に役立つ、様々なホットな情報をご提供します。

→フラワーレメディ講座のお申込み